title

骨董品の買取で思わぬ臨時収入が

一昔前は華道や茶道は花嫁修業の一環として女性の習い事の定番でした。しかし、近年ではそのような女性も少なくなり、ご家庭で花器や茶器を持て余している方も多くおられると思います。また、ご家族の中に骨董品収集がご趣味の方がおられて、その方がお亡くなりになったあとに遺品として骨董品を譲り受けた方もおられるでしょう。しかし、これらの骨董品は価値のわかる人には宝物かもしれませんが、わからない人には邪魔なガラクタにしか見えないものです。
「でもいざ捨てるとなるとどうも・・・」という方も多くおられるでしょう。そんな時は一度、骨董品買取専門店で査定をされてはいかがでしょうか。某鑑定番組などでもプロの鑑定士の鑑定で、ガラクタにしか見えない壺に思いのほか高価な値で買取られることもあるかもしれません。
数十万、数百万円になるような高価な品はそれこそ、めったに出会えるものではありませんが、数が多い場合などは、数千円、数万円の買取の積み重ねが意外な額になることもあります。箪笥の肥やしにするぐらいなら、買取をお勧めします。お近くに骨董品店が無い場合でも、出張買取のサービスもあるのでお気軽にご相談ください。